ネットビジネスにおける”目標設定”に意味はあるか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

人生には多くの「分岐」があります。

たとえば、明日の晩ご飯の食事。

何を食べたいですか?

カレーですか?ラーメン?お寿司? ・・・・・?

おそらく、様々な選択肢があります。

そして同時に、選択肢があるということは「分岐」があるということです。

何の部活に入る?

サッカー部?野球部?バスケ部?卓球部? ・・・・・?

何の勉強する?

経済学?心理学?物理学?数学?・・・

これらも全て「分岐」ですよね。

私は、人生とは全て「分岐」だと考えています。

これは「人生に分岐がある」という意味では無く、人生そのものが「分岐」だということです。

なぜなら、人生の一分一秒の全てが「分岐の連続」だからです。

これは前々から私が考えていることであって、今もこの考え方は全く変わっていません。

ちなみに上記の事例はかなり幼稚な例になってしまいましたが、たまにはいいでしょう(笑)

ネットビジネスと分岐

「人生が全て分岐である」ということは「ネットビジネスも全て分岐」です。

よくあるネットビジネス系のメルマガを含めて、自己啓発的な内容の本には、「目標設定」の話がよく出てくると思います。

具体的な目標を設定しろ。

期限を設定しろ。

などなど・・・。

また、そういった傾向の主張に触れる回数が多いからなのかはわかりませんが、「半年で月収100万円を稼げるようになりたいです!」というような目標を持っている方が今も多い傾向にあると思います。

確かに、目標は定めるべきです。

定めておかなければ、その目的地に達成するために「最適な分岐」を選んでいくということができませんから。

しかし、いつも疑問に思うのですが「期間」を定める必要性はひとつも無いのではないかと思います。

先程も言ったように、ビジネスとは「分岐を選んでいくということ」です。

目標を達成するために、目の前に広がっている選択肢をひとつひとつ吟味して比較して、「自分自身で責任を持って選択していくこと」がひとつのビジネスの本質と言えます。

ここに「期限」という概念は存在するのでしょうか。

特にビジネスの場合であれば、結果は「早く出る方が良い」に決まっていませんか?

極論を言えば、明日にでも「月収100万円」になれた方が良いと思いませんでしょうか。

更に突き詰めて考えれば、選択肢を選び続けていくことがビジネスだということは、「期限」も自分自身に全て委ねられているということでもあるとわかります。

たとえばネットビジネスで考えてみましょう。

ネットビジネスを始める場合、まずは「手法」やを自分自身で選択することもできます。

アフィリエイトをやる?せどりをやる?などの選択肢から選ぶわけですね。

そして、そんな選択肢から選んだあとは、実践するための「ノウハウ」も選択できます。

次に、そのノウハウをどれだけ実践するか「作業量」も選択できます。

更に、その作業量を実際に「実践するかしないか」も選択できます。

もっと言うと、それらの分岐を「いつ選択するのか」ということさえも選択できてしまうのです。

全ての分岐は全て、「自分」に委ねられています。

間違いなくそれを理解した上で、自分にとっての的確な目標を定めて分岐を選択していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【無料】文章力不要の物販アフィリエイトの稼ぎ方

GoogleとA8.netの盲点を付いた物販アフィリエイトの裏ノウハウです。

ただ、Googleの検索エンジンを敵に回したり、A8.netの規約違反を行うようなグレーなノウハウではありません。

稼げるか稼げないかは「やるか・やらないか」の、これからも稼ぎ続けられるアフィリエイトノウハウを無料で公開しています。


無料でノウハウを請求する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*