ビジネスに自己投資は必要なのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

自己啓発系の本やセミナーやネットビジネス系のブログやメルマガを見ていると、とにかく「自己投資の重要性」を強調して説明しているものが多くあります。

その理由のほとんどは「自分の教材を売りたいから」ということが本音であって、そのためのポジショントークであることがほとんどだと思います。

一度、今回はそんな視点から「投資意識」について掘り下げて考えてみましょう。

自己投資は本当に大切か?

特に情報商材系のアフィリエイターやインフォプレナーは、皆、メルマガやブログの読者に自分の教材を買ってもらうことに必死になっていて、自己投資の重要性を説明する目的は「自分の商品にお金を出させること」であることがほとんどだと思います。

私は「自己投資」なんてものは、全くもってビジネスで成功するために本質的に必要だとは思いません。

「お金を払って勉強したらお金を稼げるようになるけど、お金を払わずに勉強したらお金は稼げない」

こんなバカみたいな法則が真理のはずがあり得ません。

ちなみに「自己投資」という意味ですが、ここでは金銭的な投資という意味で考えて下さい。

もちろん、知識やノウハウを仕入れることは間違いなく重要ですし、ビジネスに限らず現代の社会においては「情報弱者」はそのまま「弱者」と言えます。

しかし、ビジネスで結果を出すための知識やノウハウという視点で考えるなら、必ずしも「お金を掛けなければ本物のノウハウを得られない」という理由にはなり得ません。

むしろお金を一円も払わずに日常生活で生きているだけでも、「知識」はいくらでも得ることができます。

思考を行うための種もいくらでも転がっています。

少なくとも、お金を稼ぐための知識やノウハウを体系的に学ぶことが目的なのであれば、数千円の書籍、高くても数万円の情報商材をきちんと吟味して選べば、いくらでも「質の高いノウハウ」は得ることができます。

過剰すぎる「金銭的な投資意識」は間違い無く害にしかならないと私は思います。

まぁこれも表現次第なのかもしれませんが、現在のように様々なところで様々な人間が無責任に「投資意識」を過剰に表現している以上、冷静になって頂くためにも否定的な意見を言うべきかなと私は思ったわけです。

それこそ、ひどい人の例を挙げれば、

「お金を払ったら真剣になって稼げるんです!だからお金を払って学びましょう!」
「投資した10倍が年収になりますから、投資しましょう!」

と真顔で言う人もいるくらいですから(苦笑)

いやいや、そんな体育会系な精神論で投資意識を語られても・・・

いやいや、そんなバカな理屈が通じるはずないでしょ・・・

少なくとも私は、そんな表面的でリスクの方が大きい「手段」に頼っている人間より、本当に大事な部分に目を向けて「目的」に直結する思考ができたり行動できる人を評価しますけどね(笑)

お金を払うことの重要性

私は「投資意識そのもの」は、結局は表面的なものでしか無く、重要なことだとは全く思っていません。

手段の目的化とはまさにこのことですが、「投資することそれ自体」が重要なのではなく、「正しいノウハウを得ること」が投資の本来の目的のはずです。

ただ、補足的な説明になりますが、別の視点から見れば「お金を使う行為そのもの」が、ビジネスを志す者としては重要な行動のひとつ、いや、才能のひとつという見方はできると考えています。

なぜなら、ビジネスを構築するということは、表現を変えれば「お客さんにお金を払ってもらう仕組みを作る」ということです。

となると、「お金を払う人の気持ち」が一切わからないという人間がビジネスを作ろうと思っても、「お客さんにお金を払ってもらうような行動」を取ってもらえるはずが無いと思いませんでしょうか?

これは、具体的な商品を考えて頂く方がわかりやすいかと思います。

たとえば、アニメ、プラモデル、フィギュア、AKB48といった「オタク趣味」というのは、正直に言ってしまえば私も全く「そこに大金を出す人の気持ち」がわからないジャンルです。

いわゆるマニアからしてみれば、プレミアの価値がある商品は、数万円、数十万円のものもザラにあります。

いくら「フィギュア」が売れるということを知っていても、私には「お客さんの気持ち」がわかりません。

かなり綿密なリサーチをすればできるかもしれませんが、今の私ではどうやってマーケティングを仕掛けていけば良いのか正直言って検討も付きません(笑)

要するに「お金を払う行動を取れる」ということそれ自体が、その市場でビジネスをすぐに行える「才能」と言えるかもしれません。

最後に話がブレてしまったのでまとめておきましょう。

ビジネスの知識やノウハウを得ることを目的として「金銭的な投資」を過剰にしていくことは、決して本質的ではありません。

そもそも投資する目的を明確にしていなければ、投資する意味は無いと言って良いと思います。

しかし、それ以上に「お金を払う感覚や感情」という視点で見れば、ときには自分がお金を使ってみる行為を、客観的に観察してみれば、お金を使うことにも価値や意味を見出すこともできるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*