ブログビジネスの始め方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

まずブログを始めるたときの1つの問題として、誰に向けて書けば良いのか分からないという問題があります。


よく言われるのは仮想の話し相手を自分の中で作ってその人に向けて書くという方法です。


ただ、最初から

どういう趣味嗜好をしているのか?
どういう年齢なのか、性別はどっちなのか?

とか、色々なことを自分の中でイメージするのは難しいことだと思います。


そこで方法の1つとして自分に向けて書くという方法もあります。


もちろん、自分は1人しかいないんですが、自分に近い人は少なからずいるはずなのでその人達に向けて書くということです。


この方法は特にリサーチをする必要が無いので、分かりやすくて良いと思います。


さらにブログを書くということは読む人に何かしらの価値を感じてもらわないといけないわけですが、最初の内は読む人の存在がハッキリ見えていない事もあってブログに記事を投稿すること自体が目的になりがちです。


そうならないように本当にこの記事を読んで自分は良いと思うのか、価値を感じるのかということを冷静に考えやすいのも良いと思います。


自分だけの知識


ただ、本当に自分に向けて書いてしまうと意味が伝わらない文章になってしまう可能性が高くなります。


自分の中では言葉を厳密に考えているわけではなくて、その言葉に込められた独自のイメージも含めて情報を持っているわけです。


たとえば、「うなぎ」と言うと普通は「うな重」とかのイメージですけど、名字が「鰻さん」の知り合いがいるとイメージが変わると思います。(少したとえがずれてる気もしますが笑)


なので、考え方とか感じ方が似ている人がいたとしても自分に向けて書いてしまうと、自分に伝わっても他の人には伝わらない文章になりがちなんです。


自分に向けて書くと言っても自分に思いが伝わるように書くのではなくて、自分でも良いと思える文章を他の人に伝わるように書くという意味だと思います。


blogaffilibannar

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*