ソーシャルメディアマーケティングとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

本日はウェブマーケティングのひとつ、ソーシャルメディアマーケティングについて説明していきたいと思います。

ソーシャルメディアマーケティングとは

別に全くカッコつけるわけでも無いのですが、ソーシャルメディアマーケティングという単語・・・いかにも難しそうなスキルや知識が必要とされそうな単語ですね。笑

ただ、実は仰々しい名前に反して、ソーシャルメディアマーケティングとは一言で説明すれば「SNSなどの情報発信メディアを使った集客戦略」と言えばわかりやすいかと思います。

もちろん、マーケティングという言葉には本来「販売戦略」という意味合いも含まれていますので、集客から利益の最大化の総合的な戦略を指す言葉にはなっています。

しかし、現代のウェブマーケティングとは主に「集客戦略」のみを指す場合が一般的です。

ですので、ソーシャルメディアマーケティングとは、基本的にSNSを中心とする簡易的な情報発信メディアを使い、顧客を集めていくマーケティング手法だと考えて頂ければ良いと思いますし、このブログにおいてもそういった背景も含めて、ソーシャルメディアマーケティングを捉えていきたいと思います。

socialmedia


ソーシャルメディアマーケティングの具体例

、実際にソーシャルメディアマーケティングの具体例について説明していきましょう。

ソーシャルメディアは、誰もが参加できる広範的な情報発信技術を用いて、社会的相互性を通じて広がっていくように設計されたメディアである。双方向のコミュニケーションができることが特長である。しばしばティム・オライリーによって提唱されたWeb 2.0の概念を具現化した一つの形として考えられる。

個人と個人、個人と組織、組織と組織の間の情報発信が、ウェブサービスを経由することによってそれ自体が意味を持つコミュニティとなり、実社会に広く拡散され、影響力を持ち始めたメディア。twitterやfacebookなどのプラットフォームによって、個人間の情報発信が可視化されやすくなったことにより、ソーシャル・ネットワーキング・サービスのネットワーク的な概念を超えて、新たなメディアとして浸透しつつある。(Wikipediaより)



上記の定義からソーシャルメディアを考えてみると、現在ソーシャルメディアとして大きく注目されているメディアは、

・facebook
・Twitter
・YouTube
・ニコニコ動画
・Instagram
・Yahoo知恵袋

などなど・・・

他にも、具体的に紹介しちていくと長くなってしまいますが、ソーシャルブックマークサービスやブログサービス、匿名掲示板や口コミサイト、もソーシャルメディアの一例と言えます。

要するに、SNSだけでなく情報発信ができて、かつユーザー同士のコミュニケーションができるメディアと考えて頂ければわかりやすいかと思います。

ソーシャルメディアマーケティング活用事例

またソーシャルメディアマーケティングとは、先ほど説明したように集客戦略を中心に考えられるものですので、集客ができれば”ビジネス”につなげることができます。

僕自身、ソーシャルメディアマーケティングをリアルビジネスとアフィリエイトなどのインターネットビジネスの両方に取り入れています。

最近は日本、いや世界の人々がソーシャルメディアを利用しているわけですから、そのプラットフォームを使ってビジネスをしない理由がありますでしょうか?

このブログでは僕が実際にどのようにビジネスにソーシャルメディアを活用しているのか。

そういった話も具体的に説明していきたいと思いますので、参考になる話があれば、是非”集客メディア”としてSNSを活用してみて下さい。

【無料】文章力不要の物販アフィリエイトの稼ぎ方

GoogleとA8.netの盲点を付いた物販アフィリエイトの裏ノウハウです。

ただ、Googleの検索エンジンを敵に回したり、A8.netの規約違反を行うようなグレーなノウハウではありません。

稼げるか稼げないかは「やるか・やらないか」の、これからも稼ぎ続けられるアフィリエイトノウハウを無料で公開しています。


無料でノウハウを請求する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*