マーケティング

売れる商品の作り方?

街を歩いているとどこからか槇原敬之さんの歌が聞こえてきました。

詳しくないので分かりませんが、冬の有名な歌でもあるんですかね?

僕にとって槙原さんといえば歌というよりも記事かなにかで見た「自分でも売れると思うめちゃくちゃ良いものが売れなくて、あんまり自信がないものが売れることがよくある」というような話が印象に残っています。(もしかしたら違う人だったかもしれませんが)

たぶん売れる歌と売れない歌にも何かしらの法則があって、あれだけ長いことシンガーソングライター?をやっているわけですから槙原さんもその法則をそれなりに分かっているはずです。

それにもかかわらず、イメージと違って売れることも売れないないこともあるということを知って少し安心もしましたし、少し残念にも思いました。

誰にとっての価値か


ビジネスはお金と商品のトレードです。なのでお客さんにお金以上の価値を商品に感じてもらわないといけません。

「お客さんに」です。

いくら自分が素晴らしい商品だと思っても業界内のトップにどれだけ素晴らしい商品だと言われてもお客さんに良い商品だと思ってもらえなければ意味がないわけです。

ただ、槙原さんのようにお客さんに価値を感じてもらえるような商品を作ったつもりでもお客さんは商品にそれほど価値を感じないこともあります。

これは売る側と買う側で立場違うのでどうしても価値の感じ方に違いがでるのは仕方ありません。

さらに商品を作るのに早くても1ヶ月くらいはかかってしまうので、その少しのタイムラグで世間の流行りとか空気感が変わって売れなくなることもあります。

まあ何十年もやっているプロの人も多少の読み間違いはするわけですから、あんまりシビアに考えずに色々と試してみると良いと思います。

たぶん精度をめちゃくちゃ上げることができたとしても100%にすることはできないはずですから。

━━━━━━━━━━━━━━━━

【オススメ】

お客さんが「良い商品」と感じる商品だけを選んで取り扱えることが、アフィリエイトの一番の強みです。


http://awesome-strategy.com/member/sap/

情報発信ビジネスでお金を稼ぐための原理原則とは?

情報発信ビジネスにおけるひとつの壁として”ビジネスとしての手応えが感じられない”ということについて、前回の講義でお伝えしました。

その問題を解決するために、まずは”なぜ情報発信で稼げるのか”について、もう少し詳しく原理原則から理解していくことこそが、自分の行動を客観的に判断するための第一歩だというのが私の考え方です。

今回はそんな”情報発信からお金が生まれる原理とそのステップ”を詳しく見ていきたいと思います。

情報発信ビジネスでお金を生み出すということ

まずはじめに情報発信ビジネスを私達側の視点から”表面的”に見てみましょう。

私達が情報発信ビジネスにおいてまず行うべきことは”読者”を集めることです。

そして最終的には”読者と自分の間で金銭のやり取りを行うこと”ができれば良いわけです。

情報発信ビジネスは”PDFコンテンツと金銭のやり取り”が全ての基本ではありますが、中には情報発信を行っていく過程を経て、一度に大勢の読者さんを指導する”塾”形式であったり、会場を予約して”セミナー”という形式であったり、一対一で個別に指導するような”コンサルティング”という形式の”サービス”を販売することもあります。

形式は様々ですが、読者がお金を払っている対象を全てひっくるめたものを”情報発信者が提供するコンテンツ”と多くの方が慣習的に呼んでいます。

そういう意味も含めて、情報発信ビジネスのことを”コンテンツビジネス”と表現することもあります。

つまり「コンテンツを売るためにはどうすれば良いか?」ということを考えていくことが、情報発信者としては必須であり、その”原理原則”を学んでいくことが収入に直結していくというわけです。

コンテンツが売れていく原理と基本概念

それでは、コンテンツを売っていくために理解しておくべき”お金を稼ぐための原理”とは一体何なのでしょうか。

言い換えれば、どうすえれば”コンテンツに価値を感じてもらうことができるか?”ということです。

当然のことなので確認ですが、人間がお金を払うということは、少なくともその人間にとっては”支払う以上の価値を感じるから”という理由です。

ですので、コンテンツにお金を支払ってもらうということは、いかに”価値を感じてもらえるコンテンツを作ることができるか”が、そのまま”コンテンツビジネス(=情報発信ビジネス)で稼ぐことができるのか?”というポイントに直結していきます。

・・・

さて、ここまでの説明で”情報発信ビジネス”のハードルが一気に高まってしまった印象を受けた方もいらっしゃるのでは無いでしょうか(笑)

「自分には”お金を払ってもらえる価値のあるコンテンツ”なんて作れるわけが無い」・・・と。

しかし、私は”価値のあるコンテンツが作れない”という原因が、単に”力不足”というところにあるのでは無く、

”そもそも、お金を払ってもらえる価値のあるコンテンツとはどういうものなのか?”

というイメージができないところにあるのでは無いかと考えています。

ここで”価値の高いコンテンツの作り方”というような具体的な説明をしていっても良いのですが、今回は”お金を払う価値のあるコンテンツとは一体どういうものか?”という部分を掘り下げて考えてみましょう。

お金を払う価値のあるコンテンツとは?

”コンテンツの価値とお金の関係性”という概念に関しては、考え方と視点を変えてみると一気に理解が深まります。

”コンテンツの提供”と”ユーザーのお金の支払い”の順番を考えることで、何をすればお金を払ってもらえるかが見えてくるのではないでしょうか?

私はこの視点にこそ”コンテンツの価値とお金の関係性の本質”があると考えています。

というのも、私達が目的とすることは”お金を払ってもらうこと”ですが、実は”お金を支払うかどうか”は、支払いの対象となる”コンテンツの価値”で決まるのでは無いということです。

なぜなら、お客さんは”お金を払った後にコンテンツの価値を確認する”というのが時系列としての順番だからです。

多くの情報発信ビジネスで稼げない人というのは、そもそもこの”時系列”を理解していない場合が多いのではないでしょうか?

お金をお客さんに払ってもらうために、

「どうすれば、お金を払ってもらえる価値のあるコンテンツを作れるか?」

こればかりを考えているわけです。

そうでは無く、実は本当に考えていくべきは、

「どうすれば、お金を払ってもらえるようにコンテンツの価値への”期待”を高められるか?」

この視点で考えていくことが”お金を払ってもらうためのポイント”だということです。

でも、そんなことが可能なの?

経験の無い方からすれば「そもそも、そんな”期待”を高めさせるなんてできるのか?」「というか、馴染みが無さすぎて全くイメージが付かない」と思われてしまうかもしれません。

ただ実は”馴染みの無い話”では無く、これは身近で誰もが経験していることなので、その経験を思い出して頂ければ、全く”やり方にイメージが付かない”ということはあり得ません。

というのも、その経験とは”本を読んだ経験”を思い出して頂ければと思います。

たとえば、ある本を読み終わったときに「この人の本は面白かったから、別の本も読んでみたいな」と感じた経験はありませんでしょうか?

これはまさに”まだ読んでいない本(情報)に対する期待が高まった事例”と言えるでしょう。

そしてここに”コンテンツビジネス(=情報発信ビジネス)の本質”があります。

つまり”そういう気持ちをいかに作り上げるか”ということに加え、更に”その気持ちをいかに大きくできるか”ということが、情報発信ビジネスで稼げるかどうかを大きく左右するというわけです。

無料WEBセミナー動画をプレゼント中です

どんなビジネスにも共通して言えること。それは「商品を買ってもらう前にその商品の魅力に価値を感じてもらうこと」です。

これができるようになれば、アフィリエイトや情報商材の販売などに限らず、どんなビジネスにも応用できることになります。

では、それをどうやればいいのか?

そんなビジネスの基本原理と情報発信ビジネスの稼ぎ方をウェブセミナーに収録しました。

色々とノウハウを詰め込んだところ1時間以上のコンテンツになってしまいまいました・・・

ご希望の方に無料でプレゼントさせていただきたいと思いますので、興味があればこちらのフォームにご登録ください。

無料WEBセミナーでお話している内容は・・・

・「情報」に人がお金を払う理由とは?

・人は本当に情報にお金を払っているのか?何にお金を払っているのか?

・どうやったら信じてもらうことができるのか?

・文字だけで信頼や信用を積み上げるノウハウとは?

・ライバルと差を付けることができる情報コンテンツとは?

・リサーチが重要とは言っても、どんなリサーチをすべき?

・情報発信ビジネスを前提としたサイト構成とは?

・売上を自動化させるためのステップメール構造とは?

・有料情報と無料情報の違いとは?

・情報発信ビジネスで稼ぐために日々行うべきこと

・コンテンツビジネスで商品を無限に作って販売する方法とは?


無料ウェブセミナー動画を請求する

ブログ・メルマガを使った情報発信ビジネスの基本構造

インターネットの特性を活かして「最も稼げるビジネスモデルとは何か?」と質問された場合、私の回答は”ブログ・メルマガを使った情報発信ビジネス”です。

現在は、様々なオンラインビジネスの手法がありますし、あえて情報発信ビジネスのような”王道手法”は敬遠されてしまうものかもしれません。

ビジネスに限らず”王道”と呼ばれるものは得てしてシンプルですし、多くの場合「今更、自分が学ぶことはもう無い」という気持ちで疎かにされてしまう傾向にあるのではないでしょうか。

ただ、シンプルさの中にこそ”奥深さ”が存在しますし、シンプルだからこそ”解釈のズレ”が発生しやすいものであると私は考えています。

事実、ビジネスモデルの全体像を説明するのであれば、情報発信ビジネスとは、

「ブログを書いてメルマガ読者を集め、発行したメールに記載した広告から商品が売れていく」

という、すごく単純で明快なものなのです。

ただ、見た目にシンプルだからと言って”それ自体を実践して稼げるかどうか”は全く別の話ですし、だからこそ”仕組みそれ自体”がシンプルなビジネスモデルであったとしても、現に収益が上がらない人と収益が上がる人に分かれてしまうという状況が起こってしまっている、というのが私の考え方です。

もしかするとこの記事を読んでくださっている方の中には、既に”ブログとメルマガを使った情報発信ビジネス”で挫折を経験したことがある方もいらっしゃるのかもしれません。

そう考えれば、その”結果が出る場合と出ない場合の違い”を生み出している溝が何であるかを理解できなければ、いくらシンプルに見えるノウハウでも、利益を上げることは難しいということに他なりません。

そこで、このブログでは”情報発信ビジネス”で稼ぐために理解しておくべき”溝の埋め方”を、私なりにしっかりと説明していきたいと思います。

これから「情報発信ビジネス」で稼ぎたいという方にとっても、既に「情報発信ビジネスで挫折した経験がある」という方にとっても有益なノウハウをお伝えできると思いますので、何記事かに分かれるとは思いますが、じっくりと順番に目を通してみて下さい。

情報発信ビジネスの基本

ビジネスの基本とは、”お客さんを集めること”と”商品を販売すること”という2つのポイントを押さえることにあります。

一見して複雑に見えるビジネスモデルでも、しっかり分析していくと全てがこの”2つのポイント”に目的が集約されるようになっています。

今回解説していく”情報発信ビジネス”というビジネスモデルは、集客をブログで行い、販売をメールマガジンで行うという、大枠の仕組みはそれ以上でもそれ以下でもありません。

ただもちろん、それだけの説明では、経験したことが無ければ”それこそシンプル過ぎて稼げるイメージが全く湧かない説明”でしか無いと思います。

しかし、逆に言えば集客を行いセールスを行うという構造はネットビジネスに限らずに全てのビジネスにあてはまるプロセスですから、その分応用範囲が広いということでもあります。

そんな抽象的だからこそ稼げるイメージが持てない原因を順に考えて、”稼げないイメージ”排除していく説明をしていきたいと思います。

ここでの情報発信とは「情報を発信すること」でお金を生み出していくビジネス全般を指しています。

ネット上でよくみるビジネスモデルは、おそらく「情報」をブログ記事としてアップして集客を行い、情報商材やコンサルティングという形で「情報」を販売していく、情報で集客して情報を販売していくものではないでしょうか。

ここでは、わかりやすく情報発信ビジネスを捉えるために「情報」で集客して「情報」を販売するビジネスモデルを考えてみましょう。

それができるようになれば、あとは商品やサービスを変えれば、どんなビジネスにも応用の効くビジネスになります。

情報発信ビジネスでやるべきこと

「情報」で集客して「情報」を販売してく情報発信ビジネスでは、やるべきことは基本的に”文章を書く作業”のみです。

最近はYouTubeなどを使った動画マーケティングや音声ファイルの配布なども容易に行えるようになったので、テキストのみがコンテンツと言えるわけではありませんが、言語を扱うという視点で見れば本質は同じです。

基本は”文章を書くこと”と言ってしまっても良いと思います。

つまり結論を言えば、僕達が”情報発信ビジネス”で稼ぐために行うべきことは「文章を書くこと」それだけだ、ということです。

従って、これから情報発信ビジネスで稼いでいくために考えていくことは、”どのような文章を書いていけばお金が生み出されるのか”と言い換えられます。

ちなみに、ここまでの話から「つまりはコピーライティングですか?」と理解されてしまうかもしれませんが、私が今説明している話は”スキル的な話”の段階ではありません。

まだ”ビジネスモデルの基盤の話”をしているので、もう少し”物理的な意味”で捉えて頂ければと思います。

たとえば、ブログに文章を書くことでなぜ”集客”できるのか、自分の書いた文章がなぜ”商品”として成立するのか、メルマガに送った文章からなぜ”売れていく”のか、という情報発信ビジネスが”ビジネスモデルとして成立している原理”を理解して頂きたいと思うわけです。

またこの視点こそが”ひとつのポイント”でもあると思っていますが、”情報発信ビジネス”と”情報発信ビジネス以外のその他のビジネス”との違いは、”ビジネルモデルの原理”が見えにくいという点だと私は考えています。

同時に、そのポイントこそ”稼げるようになるまでに埋めなければいけない溝のひとつ”だということです。

情報発信ビジネスと”その他のビジネス”の違い

たとえば飲食店ビジネスというのは、見た目も原理も”わかりやすいビジネス”と言えます。

今も昔もラーメン屋やうどん屋などの飲食店を開業して独立する方は多いと思うのですが、その理由は”わかりやすいから”でしょう。

お客さんを集めるために必要なものは”店舗”であり、商品は”ラーメン”です。

また、商品をお腹が減ったお客さんに対面で販売するわけですから、美味しいのか不味いのかという反応も、お客さんを観察していれば簡単にわかります。

ブログに”文字を書くこと”で集客して”文字を書くこと”で商品を作る情報発信ビジネスに比べると、やるべき”行動手順”がすごく明確です。

「情報発信ビジネスをやりましょう!」と言われても取り組むことができない理由のうちの大きなものは「何から手を付ければ良いかがわからない」という悩みだと思います。

情報発信ビジネスはラーメン屋やうどん屋と大きく違って、目の前にお客さんがいるわけでもありません。

従って、飲食店ビジネスに比べて、自分で文章を書いても”お客さんからのフィードバックを得ることが難しい”ために、なかなか”手応えが感じられない”という点こそが、実践できない、あるいは継続できないひとつの原因ではないでしょうか。

情報発信ビジネスで”手応え”を得るために

ここまでで説明した通り、情報発信ビジネスは、飲食店ビジネスなどとは大きく異なり”手応え”を感じにくく、それが最終的に「このままで稼げる気がしない」という感情に繋がってしまう可能性があります。

もしかすると、これまで情報発信ビジネスで挫折経験のあるとすれば、ビジネスモデル自体に”手応えが感じられない”ということに躓いたり不安を感じたりしてしまったのではないでしょうか。

ただ、それは”ある意味当然のこと”だと思います。

まずは情報発信ビジネスを行う前提として、なぜ”文字を書くという作業のみ”で完結させることができる情報発信ビジネスが、そもそも”お金”を生んでくれるのか。

その”原理原則”を知らなければ、やはり”手応え”を感じることもできないわけです。

次回は、今回の話を踏まえた上で、ビジネスの”手応え”を感じて情報発信ビジネスに取り組むことができるように”情報発信媒体がお金に換わっていく原理原則とその具体的なステップ”をお話ししていきたいと思います。


追記、続きの記事をアップしました
情報発信ビジネスの原理原則

ソーシャルメディアマーケティングとは

本日はウェブマーケティングのひとつ、ソーシャルメディアマーケティングについて説明していきたいと思います。

ソーシャルメディアマーケティングとは

別に全くカッコつけるわけでも無いのですが、ソーシャルメディアマーケティングという単語・・・いかにも難しそうなスキルや知識が必要とされそうな単語ですね。笑

ただ、実は仰々しい名前に反して、ソーシャルメディアマーケティングとは一言で説明すれば「SNSなどの情報発信メディアを使った集客戦略」と言えばわかりやすいかと思います。

もちろん、マーケティングという言葉には本来「販売戦略」という意味合いも含まれていますので、集客から利益の最大化の総合的な戦略を指す言葉にはなっています。

しかし、現代のウェブマーケティングとは主に「集客戦略」のみを指す場合が一般的です。

ですので、ソーシャルメディアマーケティングとは、基本的にSNSを中心とする簡易的な情報発信メディアを使い、顧客を集めていくマーケティング手法だと考えて頂ければ良いと思いますし、このブログにおいてもそういった背景も含めて、ソーシャルメディアマーケティングを捉えていきたいと思います。

socialmedia


ソーシャルメディアマーケティングの具体例

、実際にソーシャルメディアマーケティングの具体例について説明していきましょう。

ソーシャルメディアは、誰もが参加できる広範的な情報発信技術を用いて、社会的相互性を通じて広がっていくように設計されたメディアである。双方向のコミュニケーションができることが特長である。しばしばティム・オライリーによって提唱されたWeb 2.0の概念を具現化した一つの形として考えられる。

個人と個人、個人と組織、組織と組織の間の情報発信が、ウェブサービスを経由することによってそれ自体が意味を持つコミュニティとなり、実社会に広く拡散され、影響力を持ち始めたメディア。twitterやfacebookなどのプラットフォームによって、個人間の情報発信が可視化されやすくなったことにより、ソーシャル・ネットワーキング・サービスのネットワーク的な概念を超えて、新たなメディアとして浸透しつつある。(Wikipediaより)



上記の定義からソーシャルメディアを考えてみると、現在ソーシャルメディアとして大きく注目されているメディアは、

・facebook
・Twitter
・YouTube
・ニコニコ動画
・Instagram
・Yahoo知恵袋

などなど・・・

他にも、具体的に紹介しちていくと長くなってしまいますが、ソーシャルブックマークサービスやブログサービス、匿名掲示板や口コミサイト、もソーシャルメディアの一例と言えます。

要するに、SNSだけでなく情報発信ができて、かつユーザー同士のコミュニケーションができるメディアと考えて頂ければわかりやすいかと思います。

ソーシャルメディアマーケティング活用事例

またソーシャルメディアマーケティングとは、先ほど説明したように集客戦略を中心に考えられるものですので、集客ができれば”ビジネス”につなげることができます。

僕自身、ソーシャルメディアマーケティングをリアルビジネスとアフィリエイトなどのインターネットビジネスの両方に取り入れています。

最近は日本、いや世界の人々がソーシャルメディアを利用しているわけですから、そのプラットフォームを使ってビジネスをしない理由がありますでしょうか?

このブログでは僕が実際にどのようにビジネスにソーシャルメディアを活用しているのか。

そういった話も具体的に説明していきたいと思いますので、参考になる話があれば、是非”集客メディア”としてSNSを活用してみて下さい。