未分類

努力は報われるか?

「努力は必ず報われる」とよく言われます。

言うのはだいたいスポーツの監督とかコーチとか少年漫画の主人公のような気もしますが。

そういえばホームラン記録を持っている王貞治さんは「報われなければそれは努力ではない」というようなことを言ってました。

めちゃくちゃ厳しいですけど王さんに言われたら何も言えないです笑

僕が努力が報われる話として思い出すのは「ウサギとカメ」なんです。そういえばウサギとカメはカタカナですよね。

子供向けの話なのでひらがなとカタカナを両方とも使ったんでしょうか?

それともひらがなが続くと読みにくいからですか。

まあそんなことは置いといて「ウサギとカメ」の内容をおさらいすると

ウサギとカメが競走して余裕を持ったウサギが途中で寝てしまってその間にカメが先にゴールする

こんな感じの話だったと思います。

ただ、今考えてみるとこの話は諦めずに頑張ったカメの努力が報われた話と言うよりは調子に乗ったウサギが足をすくわれた話のような気がします。

カメと差がついたからとウサギが休憩するのはまだ分かりますが、寝てしまうって、、、

ノウサギは夜行性だとしても余裕で勝てるなら勝ってから寝るべきです。

そもそも競走中に寝たって「もし負けたら」とか余計なことを考えて気持ち良く寝られないはずですから。

ウサギにもまだ言いたいことがありますが、僕が一番言いたいのはカメなんです。

カメはなぜ競走を受けたのか?

ノウサギは時速70キロ以上で走ると言われているのに対して、リクガメは時速500メートルとか言われています。

この数字が正しいのかは分からないのでかなり甘く見てカメは時速1キロだとしてもウサギには絶対に勝てません。

そもそもウサギの得意なところとカメの苦手なところを比べるなんて変な話です。

なのでカメは「競泳にしよう」とウサギに提案するか、競走のゴールを山の頂上にするのではなくて、走るのも泳ぐのも必要なゴール地点にするべきだったと思います。

カメになるか


カメと同じように人も得意、不得意がありますから、苦手なものは早く諦めるというのも大事だと思います。もちろん、長く続けることも大事です。

ただ、努力ができる量は決まっているので努力をしても努力をしても報われないものを続けるのではなくて、努力が報われるものを探す必要があります。

難しいのは1努力したからと言って1成長するとも限らなくて、1の努力を続けたら急に5くらい成長することもあるので色々と試してみるしかありません。


━━━━━━━━━━━━━━━━

【オススメ】

まずはこの辺りから試してみては??詳しくはこちらをクリック

人が集まればなんとかなる?

高速道路ってだいたい何もお店がないですよね。あるとしたらサービスエリアとかですかね、、、


突然ですけど、ビジネスの基本は人を集めることなのでサービスエリアって凄いと思うわけです。ライバルがいないので需要の方が多くてなにもしなくても、買いたくて買いたくて震える人たちがじゃんじゃん来るわけですから。


まあ、サービスエリア同士の競争ももあるので、言うほど簡単ではないんでしょうけど、、、


でも、普通のお店はお客さんを集めるために色んなことをしてます。


たとえば、お正月だと福袋とかですよね。そういえば、昔の福袋って言っちゃ悪いですけど、在庫処分のゴミみたいな物がたくさん入ってましたよね。苦笑


でも最近は福袋にゴミみたいな物ばかりを入れると売れないので、だいたい何が入っているのかが書いてあります。


福袋というよりは、お客さんを集めるための「目玉の安売り商品」というようなイメージになってきているかもしれません。


もしネット上でサービスエリアのようなものを作ることができれば、だいたいの悩みは解決するはずです。


ネットで言うサービスエリアとは、たとえばGoogleですかね?


ネットをやる上でGoogleの検索エンジンを使わないと何にもできないですから。


YahooもGoogleの検索エンジンを使ってますし、競争相手がいません。ただ、今からGoogleの検索エンジンに勝つものは作れないでしょうね、、、


勝てない相手とは勝負しない


当然Googleには勝てないので、Googleとは勝負をせずに普通のお店のようにお客さんを集めるのが良いと思います。


たとえば、サイトに来たくなるような面白い話を書くとか、為になる情報を書くとか、安い商品を置いてみるとかですね。


とりあえず、サイトにユーザーが来てもらわないことには何も始まらないので、サイトに来る目的を作るのが重要だと思います。


特にサイトに何度でも行きたくなるような目的を作ることができれば最高です。



━━━━━━━━━━━━━━━━

【キャンペーン】


2018年もスタートしました!


まだまだ今年に何をやろうか?と、ビジネスの目標が決まっていないのなら、一気にスタートダッシュをかけてみませんか?


弊社のコンテンツの中でも、人気の「Strategic Affiliate Project」を、1月17日までの期間限定で、割引価格&限定レポート付きで参加者を募集します。


http://awesome-strategy.com/archives/lp/sap

なぜか応援したくなる?

この前、山形県に行ってきたんですけど、雪で飛行機が遅れてしまったんです、、、


その間に空港にあるテレビでニュースを見ていたら、吉村さんという60台中盤くらいのおばちゃんが出てたんです。


吉村さんって知ってますか?僕は知らなかったんですけど、山形県の知事だそうです。


1期目だから知らないのかと思ったのですが、調べてみたらまさかの3期目でした笑


それも山形県では54年ぶりに無投票で再選という話題性もそこそこあったにもかかわらず、知らないですね、、、


他にもスポーツ選手とか僕の知らない人たちも出てたんですけど、だいたいの人が山形県に関係する人なんです。


まあ、知らないのは僕がテレビのニュース自体をそれほど見ないということもあるでしょうけど。


あと、ネットのニュースはタイトルを見て自分が好きなものばっかり見ますけど、テレビのニュースは自分が興味のないものも自動的に流れてくるので知らない人ばかりが目立ったのかもしれません。


自分と出身地が同じ人が活躍しているとなぜか嬉しいじゃないですか?


都道府県は47なので47の中の1つにたまたま生まれたって珍しいですもんね。それに人口比率とかでいえば、単純な47分の1よりも低い確率でしょうし。


なので、山形県のニュースも山形県に関係する人が多かったと思うわけです。


なぜか評価が上がる?


自分と少しでも共通点がある人は「悪い人ではないかな」と思いますよね。


僕の祖母なんて、「僕に似てる」と言って、よく分からないスポーツ選手を応援してました笑


でも、ちょっとうろ覚えの話で申し訳ないのですが、初対面で共通点ばっかりあると、何度も会ううちに「全然違うところも沢山あるんだな、、、」となってしまい、逆にダメらしいです。


そういえば、安室奈美恵さんが引退した?する?という話がありましたね。


どうやら、それまで全くファンでも何でもなかった安室奈美恵さんと同じ歳の人が、悲しんでいたらしいです。歳が同じというだけで、そんな感情になるって凄い話ですよね。





【キャンペーン】

2018年、まずは僕と二人三脚でスタートダッシュの壁を乗り越えてみませんか?

限定レポートは1月17日までです、、、詳しくはこちら

普通にやって勝てたらいいけど

山形県には「加茂水族館があります。知っている方も多いかもしれませんが、有名な水族館らしいです。


なぜ有名なのかというと、バブルが弾けてお客さんが減って借金があったんですけど、クラゲを集めた水族館にしたら大人気になって借金がなくなったから、らしいです。


ちなみに90%以上が水分でできていてゼラチン質のものをクラゲと呼ぶようです。今では行列ができるみたいですよ。


くらげ、、、クラゲ、、、海月、、、水母ですかぁ、、、僕にはわからないですけど、色んな趣味の人がいますね。


でも、元々ある普通の水族館からクラゲ水族館というかなりマニアックな方に変えたのは良い戦略だったと思います。山形県の都会とは言えない場所で、お金もそれほどないのでできることが限られるわけです。


そんな中でクラゲはたぶん大きくないので場所を取らないでしょうし、エサもプランクトンとかなのでエサ代も安いでしょうし、イルカとかと違って芸を仕込む必要もありませんし、なによりライバルがいませんよね。


確か加茂水族館が世界で一番クラゲの展示数が多いらしいので、世界にもライバルがいないってことですよね。クラゲというのが、弱っていた水族館にちょうど良いものだったんと思います。


同じだけど違う

加茂水族館のように、大きく見ると同じでも、普通とは少し違うことをすることで、上手くいくことはよくあります。


例えば任天堂のWiiもそうですね。Wiiが出るまで、ゲームは一人で黙ってやるものだというイメージでした。


でも、Wiiはよくあるボタンがたくさんあるコントローラーではなく、コントローラーを振ったりして操作ができるような物を作って小さな子供からお年寄りまでみんなでできるにしたわけです。


その結果ゲームの中身としては大きくは変わっていないはずなんですが、今までゲームを買わなかった人も買ってめちゃくちゃ売れましたよね。


もちろん、Wiiのようなものは作ろうと思っても簡単には作れません。ただ、普通のことをやっていてライバルに勝つのは難しい、ということです。