2017年 8月 の投稿一覧

評判は?RMA〜リアルミックスムービーアフィリエイトの特典レビュー(金子仁志)

ブログにユーザーが面白い感じ、読まれる記事を書けば稼げる、ということはわかっている。YouTubeでユーザーが面白いと感じる動画を投稿すれば稼げることはわかっている、、、でも、具体的にどうすればいいかわからない。

これからアフィリエイトを始めよう、YouTubeを始めよう、という初心者アフィリエイターさんが例外無く当たる壁は「どうやって記事を書けば良いのか?(動画を作ればいいのか?)ネタ元をどうすれば良いのか?」だと思います。

評判の良い教材のようなので、実際に買って中身を確認してみましたが、RMAは物販アフィリエイト教材として非常にクオリティの高い教材だと思いましたので、早速紹介していきたいと思います。

RMAのコンセプトは「情報の転売」です。メインとなるコンテンツは「書籍から情報を仕入れて物販アフィリエイトサイトを作る」というノウハウが解説されているものです。

どうやって書籍を選ぶか?どうコンテンツにするか?どうやって売れるアフィリエイトサイトを作るか?というノウハウが詳しく解説されている教材ですので、特にこれから物販アフィリエイトを始める方、物販アフィリエイトで思うように成果が出ない方にとっては役に立つ教材となるはずです。

RMA〜リアルミックスムービーアフィリエイト(金子仁志)

販売社名 株式会社アドシステム
運営責任者 久米 妥
所在地 〒2760014 千葉県八千代市米本1359番地
電話番号 050-3011-2893 (電話でのお問い合わせ対応は致しておりません)
顧客対応担当者 金子仁志
サポートメールアドレス kaneko@affiliate-book.net
販売URL http://affiliate-book.net/rma/

RMA〜リアルミックスムービーアフィリエイト(金子仁志)レビュー

情報には著作権が無いことはご存知の方も多いと思います。じゃあ、書籍や他人のサイトから情報を仕入れて自分のサイトに書いていこう、という考え方は自然な発想だと思いますが、無闇に情報を仕入れて自分のサイトにページとして投稿したとしても、収益が上がるサイトになるとは限りません。

どういう情報を選ぶか?どういうサイト設計をするか?どういう方向性でサイトを作っていくか?どういうアフィリエイト案件を選ぶか?という部分によって、大きく左右されるからです。

スクリーンショット 2017-08-25 17.23.52

教材は、専用のWordPressテンプレートと設置マニュアル、ノウハウが解説されているメインのマニュアルが3冊となっています。セールスレターでは「書籍を使ったYouTube動画の作り方」とうものにも触れられていますが、教材で解説されているメインのノウハウは「物販アフィリエイト」です。

基礎編では、RMAの「書籍から情報を仕入れる」という具体的な方法が解説されていて、あるスマホアプリを使うことで「書籍の内容をスキャンしてテキスト化してしまおう」というノウハウです。スマホアプリの具体的な名称、そして、そのアプリの上位版を格安で使う方法などは、テキストの中で詳しく解説されています。

RMA〜リアルミックスムービーアフィリエイト実践編

実践編は、物販アフィリエイトで稼ぐための金子さん独自のノウハウ解説ががメインとなっています。「書籍から情報を仕入れる」というコンセプト自体にはさほど目新しさや独自性は無いと感じましたが、RMAのオリジナリティは実はこの実践編以降にあると思っています。

僕は、アフィリエイトとは「レシピ×素材」だと考えています。おいしい料理とは、素材とレシピがどちらも素晴らしいからこそおいしくなるはずです。アフィリエイトも同じように「素材となる情報」と「その情報をどうサイトとして仕上げるか」がポイントになるということです。

基礎編は、アフィリエイトサイトを作るための「素材」の仕入れ方にあたりますが、実践編は「レシピ」の部分がにあたるということです。僕はRMAの価値は、この実践編で解説されているオリジナリティのある「サイト構築のレシピ」にあると思いました。

たとえば、その具体的なレシピのひとつを紹介してみます。金子さんは「自分の趣味や今の仕事に関連することなど、人よりも詳しい知識に繋げられそうな広告をチェックすることから始めろ」と説明されています。

ギターが趣味ならギターや楽譜のアフィリエイト、というほど単純なノウハウではありませんが、サイト構築の前に、自分にとってある程度詳しい知識をまずは中心に案件を決めて、サイト設計をしていくことが良い、ということです。

やっぱり、どうしてもサイトテーマを先に決めて、あとから売るものを決める、という順番で書くと多アフィリエイターとサイトの方向性も案件も色々と被りやすくなってしまうわけです。自分を中心にアフィリエイト案件を決め、自分を中心に後からサイト設計をしていく方が、まず他人のサイトと被ることは無いですし、何よりサイトの作成もスムーズになる、という考え方です。

すでに自分が詳しい知識を持っているジャンルほど、何よりスピーディにサイトも構築できますし、情報の仕入れ元とする書籍も選びやすい、という意味もあるのだと思います。その他にも、物販アフィリエイトで稼ぐサイトを作るための様々な「レシピ」が解説されている内容になっています。

RMA〜リアルミックスムービーアフィリエイト応用編

応用編には、基礎編と実践編で解説されているノウハウの実例(サンプル)や、さらに物販アフィリエイトで稼いでいくための展開の仕方が解説されているマニュアルとなっています。ちょっと応用編マニュアルの冒頭文を引用してみます。

基礎編は作業を始める前の大前提。
実践編は作業の具体的なやり方。 応用編はどう違うのかというと、実践編の内容を出来るだけ早く、楽に、効率的に行い、 なおかつより大きな成果を得る為のノウハウです。
さらに言ってしまうと、今現在サイトアフィリを組織化して大きく稼いでいる人は皆、この方法を使っています。
アフィリエイト黎明期ならいざ知らず、今では初心者でも大規模アフィリエイターと同 じことをいきなり始める事が出来るのです。
応用編を踏まえて実践編で説明した作業を行ってください。
きっと良い結果が出るでしょう。


金子さんが作成したサンプルサイトの紹介、実際に作成したサイトの情報の仕入先である書籍、またなぜその書籍を選んだのか?という部分も解説されています。

また、恋愛系サイトを構築すると仮定した場合の作り方、記事を外注して稼ぐときの手順と注意点、オールドドメインを使ったSEO対策ノウハウ、自作サイトと外注サイトを使って組織化していく戦略の実例も紹介されています。

「物販アフィリエイトで稼ぐためのノウハウは何となくわかっているけれど、今一歩稼げるイメージがわかない、何をしていけば良いかわからない」という悩みを持っているなら、特に実践編と応用編に書かれているノウハウを知ることで、きっと視野が広がると思いますし、稼げるサイトの作り方のイメージを鮮明に持てるようになると思います。

当サイト限定のRMA特典を用意しました


RMA〜リアルミックスムービーアフィリエイトを当サイト経由で購入頂いた方限定で、私のオリジナル特典を用意いたしました。


特典#1:Strategic Affiliate Project

現在、私が有料で販売している教材Strategic Affiliate Projectを特典としてお付けします。これからネットビジネスを始めてアフィリエイトで稼ぐ方法をテーマに、スタートアップ戦略とアフィリエイトノウハウを体系的に解説したウェブセミナーを収録した教材です。

販売中の有料教材を特典としてお渡ししている理由は、参加代金を同じように私が受け取るのであれば、Strategic Affiliate Projectの単体プランとして参加頂く形でも、他社教材のアフィリエイト特典として参加頂く形でも同じだからです。

「アフィリエイトに取り組んでいるけどなかなか成果が出ない」「これから始めたいけど何から取り組めば良いかわからない」、、、そんな悩みがあるなら、Strategic Affiliate Projectのノウハウを軸にネットビジネスに取り組んでみませんか?

>Strategic Affiliate Projectの詳細はこちら


特典#2:WordPress開設代行、マジックテンプレートの無償設置代行

RMAには、マジックテンプレートというWordPressが付属していますが、WordPressの設置代行とマジックテンプレートの設置代行を無償で行います。

自分で設置しようとしてみたけどやり方がわからないから教えて欲しい、サポートが欲しい、といった相談でも対応しますので気軽にご連絡ください。


特典#3:教材代金+10万円を稼ぐまでの無期限個別コンサルティング

教材代金+10万円を稼げるようになるまで、私からの個別コンサルティングをお付けします。この教材に関する質問だけでなく、インターネットビジネス全般に関する質問でも大丈夫です。

教材の実践にあたって躓いてしまったポイント、わからないこと、相談等々ありましたらメールでご質問ください。原則24時間以内に個別に返信いたします。


>>【限定特典付き】RMAコンテンツのみに申し込む<<

>>【限定特典付き】RMA60日サポート版に申し込む<<

>>【限定特典付き】RMA90日サポート版に申し込む<<


アフィリエイター特典岸田

※RMAのいずれのプランをお申し込み頂いた場合でも、同じ特典をお渡ししています。
※お申し込み確認画面にて上記のアフィリエイター特典表示をご確認ください。
※特典は決済が完了後、購入者マイページよりすぐにダウンロードして頂けます。


当サイト限定:RMA返金保証

当サイトでは、私が紹介した教材に関しても責任を持ちたいので、「実践したけど役に立たなかった」「教材に価値が無いと感じた」という場合のための、アフィリエイト報酬分の返金保証をお付けしています。

振込先口座を添えてメールを一通頂ければ、私の方からアフィリエイト報酬分を全額返金いたします。教材のご購入から90日後〜120日の期間中に返金保証の旨をご連絡ください。ご連絡を頂いてから3日以内に返金いたします。

特典としてお渡ししている教材やコンテンツに関しては返品などして頂く必要はありません。私の特典に期待して頂いたことへのお礼として、引き続きご活用ください。

※返金申請は、教材のご購入から90日後〜120日までの期間中のみの受け付けとさせて頂きます。
※振込手数料として一律500円を差し引いたアフィリエイト報酬分を弊社3営業日以内に送金いたします。
※分割決済で教材を購入された場合には、分割決済が終了した後にまとめて返金いたします。

RMAはこんな人におすすめ

・文章を書くのが苦手で文章を作るのに時間がかかる

文章に苦手意識を持っている場合、その原因は「書くネタが思い浮かばない」ということ、あるいは「ターゲットが明確ではない」という場合がほとんどです。

たとえば、伝えたいメッセージがあり、そのメッセージを伝えたい人がいる、ということであれば、うまく書けるかどうかは別として「書けない」ということは無いはずです。

メッセージの問題は情報のネタ元を持っているか、で間違いなく解決します。物販アフィリエイトで稼ぐためにゼロからコンテンツを作る必要性はありません。

・何を書けば良いか分からない、ネタが思い浮かばない、悩んで時間ばかりが過ぎてしまう

何を書けば良いかわからないのであれば、サイト設計の方向性をまずは定めてみてはどうでしょうか?RMAのノウハウは「サイト設計ありき」でコンテンツを作っていきます。ゴールが明確だからこそ、情報の仕入れ元も書くべきこともはっきりしてくるということです。

「何を書けば良いかわからない」「悩んでしまって手が動かない」ということであれば、RMA内で解説されている金子さんの事例をそのまま別の案件に当てはめてサイトを作ることから始めてみてください。

実際のサイト事例とその作り方の手順が細かく解説されているので、手が止まってしまう、悩んでしまう、という方にはコンパスとしても使えるはずです。

・どういうコンテンツを作れば稼げるのか?どういうサイトを作れば稼げるのかわからない

もしかすると、これまでノウハウ、理論、本質ばかりを見ようとし過ぎているのかもしれません。あくまでビジネスは「具体的なビジネス事例」を見ることで理解が深まります。

たとえば、いくらサイトアフィリエイトの勉強をしても実際に稼いでいるサイトを見なければ、おそらくノウハウを正しく解釈することは難しいと思います。

RMAは理論と、その理論を実践しているサンプルサイトとその作り方のプロセスまで解説してあるので、理論だけでなく「何をするかの感覚的なイメージ」が掴めると思います。

・YouTube動画を作ったり記事を書くのに、いつもなかなか良い素材が見つからない

ネタ元は考え方次第でいくらでも出てきます。ネタが無い、というのは探す気がないというとです。これはRMA内でも繰り返し強調されていることですが、私もそう思います。

コンテンツ作りのための素材が無いのであれば、まずは「書籍」に絞ってみてください。図書館に行くだけで無料でいくらでも質の高い素材が転がっています。

あとは、どういう素材を選ぶべきか?です。選ぶべき情報の基準はRMA内で紙幅を割いて解説されているノウハウです。素材が見つからないのなら、まずはRMAの選び方に素直に従ってみてください。

・毎回毎回リサーチで時間がかかり過ぎて作業量が増えない

アフィリエイトで稼ぐために本当に重要なポイントはそれほど多くありません。特に物販アフィリエイトは非常にシンプルですから「難しい」と感じているのであれば、おそらく何か捉え間違えています。

ユーザーをリサーチして求められている記事を書きましょう、商品をリサーチして悩みをピックアップしましょう、ペルソナを設定しましょう、といった、よく言われているノウハウを間違った捉え方をしていると時間がかかってしまうかもしれません。

やるべきことの優先順位が見えていないとき、行動がブレてしまうことがあります。時間がかかるということは、すべてが重要に見えてしまっている可能性があります。変に考え込み過ぎず、RMAで取り上げられているポイントだけに集中すると、結果も自ずと出てくるはずです。


>>【限定特典付き】RMAコンテンツのみに申し込む<<

>>【限定特典付き】RMA60日サポート版に申し込む<<

>>【限定特典付き】RMA90日サポート版に申し込む<<


アフィリエイター特典岸田

※RMAのいずれのプランをお申し込み頂いた場合でも、同じ特典をお渡ししています。
※お申し込み確認画面にて上記のアフィリエイター特典表示をご確認ください。
※特典は決済が完了後、購入者マイページよりすぐにダウンロードして頂けます。

ライバルの多い市場にこれから参入しても稼げる、弱者のためのネットビジネス戦略

今の時代、ビジネスで成功することは決して簡単なことではありません。日本の環境は本当に恵まれていて、必要なものは揃っているからです。

最低限のセーフティネットは国によって整備されていますから、極端なことを言えば何もしなくても、お金が無くても幸せな人生は送ることができるかもしれません。

しかし、そんな恵まれた環境でも、実際の国民の幸福度は低いこともまた事実と言えます。そのひとつの理由として考えられるのは、「自分と他人を簡単に比較できる環境が整ってしまっているから」ではないでしょうか?

また人間と人間の比較だけでなく、インターネットによって商品と商品の比較ができるようにもなっています。

以前は「地域にその店しか無いから」という理由で儲かっていたお店はあったはずですが、今はAmazonや楽天にアクセスすれば、欲しいものが何でも安く買えてしまう時代です。

同じような商品を売っている人がいれば、より良いものを探す、という消費者心理は当然のことです。同じものを作るのであれば、大企業の方が当然、質も高く低価格で製品を作ることができます。

だからこそ、これからビジネスを始めるのであれば「まだ世の中に無い商品」を作ることを前提に考えた方が成功確率は格段に上がると言えます。

しかし、もう一度言いますが、今の日本は必要なものが満たされています。その上で他社企業と比較されない製品を作って、消費者に「必要」ではなく「欲しい」と思ってもらう必要があります。

だからこそ「決してビジネスで成功することは簡単ではない」ということです。

成功するビジネスと成功しないビジネスの違いとは?

しかし、今の日本の状況は決してデメリットばかりではありません。よくインターネットビジネスの利点として挙げられているように、インターネットを活用することで「インターネットにアクセスできるユーザー全員」に商品やサービスを宣伝することもできます。

また、人間は「必要だから」と言う理由で購入する製品を選ぶ場合には安くて良いものを選びますが、「欲しいから」という理由で購入する製品は、いくら高くてもお金を積むものです。高級ブランド品、芸術品、希少価値の高いグッズが高額な理由は、必要だから、ではなく「欲しいから」という理由だからです。

人は「必要なもの」は一番安いものを買おうとしますが、「欲しいもの」にはいくら高くても買いたいと思うものです。

逆に言えば、必要なものは満たされている時代だからこそ、「欲しいもの」にしか人はお金を使いません。

ですので、うまくインターネットを活用できて「欲しい」という理由で商品を買ってもらえるビジネスを作ることができれば、成功するビジネスを作ることができます。

「ライバルのいない=比較されない=世の中にまだ無い商品」を作り、ユーザーにとって「欲しい商品」をどうすれば作れるでしょうか?

またそのために、どんな「戦略」を考えるべきなのでしょうか?

弱者のためのインターネットビジネス戦略

そもそも大企業が作っていない商品、つまり、先ほど使った言葉をそのまま使えば「ライバルのいない=比較されない=世の中にまだ無い商品」なんてものはあるのでしょうか?

ちょっと話が大きくなりすぎてしまったので、具体的に、前回と同じく「これからアフィリエイトを始める場合」という場合で考えてみましょう。

アフィリエイトにおいては、自分のメディアを作り、そのメディアで他社商品を宣伝するビジネスですから、まずは自分のメディアを有名にしていく必要があります。

つまり、ここまでの話に当てはめて考えてみれば、「どうすれば強いアフィリエイターが作っていない、ユーザーに求められているメディアを作れるか?」という問題として言い換えることができます。

すでに昔からアフィリエイトに取り組んでいるアフィリエイターがいるにも関わらず、まだ「作られていないユーザーが求めているメディア」は残っているのでしょうか?

結論から言えば「まだまだ大いにあることはもちろん、これからも無くなることは無い」と断言できます。

なぜなら、いくら実力があり、お金や時間があるアフィリエイターと言っても、全ての「稼げること」をやっていることはあり得ないからです。

たとえば、大きく稼いでいる企業ほど「何かのビジネスに特化」しているものです。コカ・コーラなどはその代表的な例と言えるのではないでしょうか。

稼いでいるアフィリエイターには「色々なことをやっているから稼いでいるのではないか?」というイメージがあるかもしれません。しかし、いくらお金や時間があると言っても限られていますから、実は「何かに特化したビジネス」に取り組んでいるからこそ稼いでいることがほとんどです。

これは私の経験則ですが、稼いでいる起業家、稼いでいるアフィリエイターほど「自分のやること」と「自分のやらないこと」にはっきりとした境界線を引いているものです。

だからこそ、自分のやるべきことに優先順位を付けることができ、結果的に効率的な取り組み方ができるわけです。

「やれば稼げるとわかっているけれど、今の自分のスキルや実力や使える時間や資金を考えれば、もっと効率的に大きく稼げる方法があって、そこにリソースをつぎ込むべきだから、今取り組むべきではないビジネス」がたくさんあるのです。

つまり、アフィリエイト市場にも「これから取り組んでも稼げる隙間」が、まだまだあります。

そんな隙間を探して取り組めば、もちろん最初は実力も資金も時間もあるアフィリエイターほどは稼げませんが、必ず十分なお金は稼げるようになります。

そして、徐々にスキルもお金も時間もできるようになってきますから、更に取り組めるビジネスの幅も広がってくるというイメージで考えてみてください。

強者が取り組まない「弱者が取り組むべきインターネットビジネス戦略」

ここまでで説明した「これから取り組んでも稼げる隙間」で稼ぐためには、「自分で作る」という選択肢と「自分で探す」という選択肢があります。

これこそが、私の考える「弱者が取り組むべきインターネットビジネス戦略」の大枠です。

「探す」と「作る」も表現次第の部分もありますので、はっきりとした境界線があるわけではありません。むしろ今から参入するフィールドを探して市場を作るわけですから、「探して作る」という表現が正しいかもしれません。

「探して作る」の具体的事例

まだ世の中に無い商品を「探して作る」ためには、決してゼロから作る必要性はありません。ターゲットにとって「今までに無かった」と感じられるかどうかがポイントだからです。

たとえば、具体的な例として、今アメリカで流行っている「Cha Cha Matcha」という抹茶ショップをご存知でしょうか?公式サイトを見て頂ければイメージしやすいと思いますが、抹茶に特化したスターバックスコーヒーのようなお店です。

20633757_1418937881517604_2747384205796179968_n

https://chachamatcha.com/

特にアメリカでは抹茶は日本よりも馴染みは薄いと思いますから、「健康的でおいしい抹茶」というコンセプトが多くの人々に刺さったのだと思います。

言ってみれば「抹茶」も「スターバックス」も世の中に以前からあったものですが、今まであったものを組み合わせることで「新鮮さ」を作ることができてうまくいった例だと思います。

これからネットビジネスを始めるなら「トレンドアフィリエイト」の考え方を応用する

これからネットビジネスを始めるのなら、今から自分が取り組むべきフィールドを探して市場を作る、という戦略を考えてみてください。

たとえば「トレンドアフィリエイト」というアフィリエイト手法は、これまでお話しした考え方に似た戦略を取り入れたノウハウのひとつです。

アフィリエイトというと、「ダイエット 方法」といったキーワードを狙って記事を書いて、商品をアフィリエイトしていく、という発想が自然だと思います。

しかし、そういった競合が多いキーワードは一切避けて、たとえば有名芸能人が一気に痩せたというニュースが話題になれば「〇〇(タレント名) 痩せた方法」といった、話題のキーワードを狙ってアクセスを集めて、そこから物販のファイリエイトやGoogleアドセンスで稼ぐ、という手法が「トレンドアフィリエイト」です。

この手法のメリットは「〇〇(タレント名) 痩せた方法」というキーワードはこれまで誰も狙っていなかったキーワードですから、「ダイエット 方法」といった競合の多いキーワードを狙うよりはSEO対策をしても上位表示をさせやすいという点にあります。

トレンドキーワードを狙うデメリットは、どうしても「時代によって検索数が減ってしまう」という点です。しかし、実力のあるトップアフィリエイターほど、トレンドキーワードではなく「ダイエット 方法」といった、長期的に検索されて資産になるキーワードを狙うものです。

寿命が短いキーワードを狙う手法だからこそ、トップアフィリエイターは取り組もうとしない、という「隙間」に目を付けたノウハウである点が大きなポイントです。

これからネットビジネスを始めるなら、こういったトレンドアフィリエイトが生まれた発想などを参考にして、アフィリエイトを始めると良いと思います。

【追記】これから始めるアフィリエイトの始め方

アフィリエイトの取り組み方について、ここまでお伝えした大枠のノウハウをもっと詳しく解説したスタートアップ講座をオンラインセミナー教材という形で公開しました。

「これからゼロから始めて成果を出すためのアフィリエイトノウハウ」を、私自身が全くのアフィリエイト初心者(=弱者)だったとき、どのように取り組んできたか?の戦略をそのまま公開する形で具体的な話を解説しています。

詳しくはこちらをクリック

もう稼げない!?これからネットビジネスを始める弱者がお金を稼げる方法

「これから始めても本当に稼げるのか?」
「昔から取り組んでいる人達に混じって稼げるのか?」
、、、

ネットビジネスを始めるにあたって、おそらく不安を感じるポイントは色々とあると思います。

やっぱり人間の心理として、自分の中で「できる可能性が高い」と確信を持てないと、なかなか行動には移せないものだと思います。しかし、逆に言えば、少なくとも自分の中で確信さえ持てれば、大きなエネルギーを持って取り組めるはずです。

「まだまだネットビジネスの歴史は始まったばかりです。今から始めても先行者だから大丈夫です。」といった、よくある説明をするつもりはありません。その説明では、自分よりも先行者がいることへの解決策にはなっていませんから。それだけを聞いても何も解決にはなっていません。

ここでは、話をわかりやすくするために「これからアフィリエイトに取り組みたいけれど、どうすればいいか?」という、具体的な例で考えていきます。

これからアフィリエイトを始めるとすれば、既に自分よりもスキルも実力も経験もあれば、使えるお金も時間も自分よりも多くあるアフィリエイターに混じって取り組んでいく必要があります。

時間もスキルもあるアフィリエイターはサイトを作成するスピードも早いですから、自分一人で新規サイトをどんどん作成しては、記事作成の外注などを使って規模も拡大していきます。

ということは、「稼ぎやすいキーワード」「稼ぎやすいジャンル」は、もう先行者アフィリエイターによって埋め尽くされてしまっているのでしょうか?

ネットビジネス初心者のよくある間違い

ネットビジネス初心者がまずやってしまうよくある失敗例。それは「稼いでいるアフィリエイターをそのまま真似すれば稼げるんじゃないか?」と考えて、稼いでいそうなサイトを真似しようとすることです。

しかし、表面的に「やっていること」をそのまま真似をしても、結果は全く違ったものになることが普通です。極端な例を出すとすれば、イチローがカレーを毎日食べているからと言って、その表面的な部分だけを真似してもヒットを量産できるようにはなりません。

もちろん、そこまでズレてしまうことは無いと思いますが、自分では「稼ぐための重要なポイントだけを真似している」つもりでも、同じようなことになってしまっている可能性は低くは無い、ということです。

なぜ稼いでいるアフィリエイターは稼げているのか?

稼いでいるアフィリエイターがどういう取り組み方をしているのか?というと、私が思うに2つのタイプに分けられると思っています。

ひとつは、ライバルが少なかった昔から取り組んでいるアフィリエイターです。

昔はライバルが少なかったからこそ「自分の好きなジャンルで自分の好きなように情報を書いていたら、自然と多くのユーザーに求められるメディアが完成した」というタイプです。

そういったタイプは、今もうまくいったメディア、たとえばウェブサイトを拡大し続けている、というやり方を取っていることが多いです。

昔から運営されているウェブサイトは作成に掛けた時間と作業量が参入障壁になります。今となってはスキルや経験も時間もあるアフィリエイターが運営しているサイトであれば、真正面から立ち向かっても勝つことは難しいというのが現実です。

たとえば、そんなサイトを表面的に真似てもまずうまくいきません。自分よりもスキル、知識、かけられるお金、時間もあるアフィリエイターが、昔から運営しているサイトの劣化版を作ってしまうだけですから、まずうまくいくことはありません。

もうひとつは、市場のユーザーと競合をリサーチして「戦略」を立ててアフィリエイトに取り組んでいるタイプです。

インターネットに限らない話ですが、日本では戦後、高度成長期の時代には「製品を作れば勝手に売れていく」という時代がありました。しかし、今はただ好きな製品を作っているだけでは売れていきません。

これからの時代、製品を売っていくためには、どうすれば売れるか?の「戦略」が不可欠です。

アフィリエイトも同じように、アフィリエイターの数が少なかった頃には「ただ実践すればそれなりに稼げる」という時代もあったと思いますが、今は「戦略」が必要です。

じゃあ、どんな戦略が必要なのか?

では、どうすればこれから参入するアフィリエイターが稼げるようになるでしょうか?

まず、「勝てない相手とは真正面からぶつかって勝負しない」という考え方を持つべきです。

極端な例を出せば、一般人がプロボクサーと真正面からケンカすれば絶対に勝てません。

それと同じようなイメージで考えてみてください。実力が違う相手と勝負するなら、真正面からぶつかっては勝ち目が無いからです。

先ほども言いましたが、すでに同じジャンルで自分よりも実績もあれば質の高い知識を提供しているサイトがあれば、どうしても大半のお金はそのサイトに流れてしまうものです。

そのため「同じようなメディアは絶対に作らない」という考え方が、これから始める「弱者のためのインターネットビジネス戦略」の基本と言えます。

「既に昔から取り組んでいるアフィリエイターが大半の市場を占拠してしまっているのでは?」という疑問もあるかと思います。しかし、ポイントとして「実力のあるアフィリエイターが取り組まないやり方は無いか?」という視点で戦略を考えるようにしてみてください。

次回記事では、もう少し具体的に「実力も時間もお金もあるアフィリエイターと真正面から戦わない戦略」について、2つの戦略を紹介していきます。


※追記、次回記事を更新しました
>ライバルの多い市場にこれから参入しても稼げる、弱者のための2つのビジネス戦略

教科書さえあればビジネスはうまくいくのか?

人生を大きく変えたいなら、何かを大きく変える必要があることは間違いありません。

たとえば、仕事を変えるとか、収入を大きく変えるとか、交友関係を大きく変えるとか、、、、すぐに思い付く方法、考えられる手段はこんなところでしょうか。

大きな変化を起こすために、何か大きなインパクトのある変化、思い切った変化が必要だと考えることが自然です。もちろん、そういう場合もあるかもしれませんし、そういう話をよく聞くかもしれません。

しかし私は、実は大きな変化とは、結果的に大きな変化に見えているだけであって、小さな変化の積み重ねの結果でしか無いと考えています。

アフィリエイトノウハウというとかなり色々なものが出ています。有名どころを何個か買うと「ほとんど内容一緒ですやん」と思うかもしれません。

教科書を勉強すれば成果が出るか?

私の「Strategic Affiliate Project」で解説しているノウハウについても、「他のアフィリエイトノウハウとどう違うのか?」と質問されたとすれば、「大きな視点で見れば一緒」と答えます。

何か革新的なノウハウがあるわけではありません。しかし、重要なことは「小さな違い」です。小さなノウハウの違い、小さな優先順位の違い、小さな感覚の違い、、、これらの積み重ねが結果的に大きな違いを生むわけです。

王道のアフィリエイト教材を持っているならもうアフィリエイト教材は買う必要は無い、なんて言う人もたまにいますが、もしそれが本当なら学校の教師も塾教師も参考書も必要ありません。

学校なんて行く必要は無い、教科書を配布してそれを一人で勉強していれば良い、ということになってしまいます。もちろん、教科書は必要ですし、教科書の存在を否定するつもりはありません。

しかし、教科書は受取手によって解釈のズレを起こしやすい。内容が批判されないよう、自分の主観の入った経験則やなどを話さない形で、抽象的で無機質な内容になってしまうからです。

私は「正しい感覚をできるだけそのまま伝えられる説明」になっているものにこそ、価値があると考えています。特にビジネスにおいては、感覚的なイメージを伴わないノウハウには価値は無いと思っています。

それが無ければおそらく、自分のビジネスに応用することは多分相当難しいはずです。

競合サイトを有効活用してアフィリエイトで大きな成果を上げる方法

アフィリエイトを始めるとき、どうやって参入する市場を選び、どんなメディアをどうやって構築していけば、成約が取れて報酬が発生するようになるのでしょうか?

これからアフィリエイトを始める方にとって、そういった部分が具体的にわからないことが悩みや迷いを生むことになってしまい、結果的に「行動が大事だとわかっていても行動できない」という状態になってしまうのではないかと思います。

今は多くのライバルが市場にいます。確かにライバルが多いことはパイの食い合いになってしまう、というデメリットはありますが、ライバルが多いことは捉え方、活用の仕方によってはプラスに転換することもできると僕は考えています。

そこで、今回はメディアの例として、サイトアフィリエイト、ブログアフィリエイトの実践のための「競合サイトを有効活用してアフィリエイト大きく稼ぐ方法」というテーマで書いていきたいと思います。

アフィリエイトでお金が稼げるサイトと稼げないサイトの違い

アフィリエイトは商品を紹介することで「紹介報酬」としての利益を稼ぐビジネスですが、結局のところ「ユーザーにとって情報が有益かどうか」の違いがサイトから収益が生まれるか生まれないかが決まります。

「じゃあユーザーにとって有益な情報って何?それをどうやればいいの?」という点が大きな問題になってしまうわけですが、そのための色々なノウハウが巷に色々なところで出回っています。

よくあるのが「今日始めたら昨日始める人よりも自分は先輩です。自分よりも後輩は必ずいます。後輩はどんどん増えていくのですから、自分よりも後輩に向けてなら有益な情報を書けるはずです!」というノウハウがあります。

その理屈から「どんなジャンルや市場に素人が参入してもインターネットで稼げます」という結論を言いたいのだと思いますが、はっきり言ってこの考え方は現実的ではありません。

特に、インターネットリテラシーが徐々に高まりつつある現代においては、この考え方では厳しいんじゃないでしょうか。やっぱり、最近勉強し始めたばかりの知識や経験を武器に、情報発信をしてもそれなりのクオリティの情報しか書けません。

たとえば「ギターの弾き方」というジャンルで情報発信をする場合を考えてみましょう。昔からギターに取り組んでいて、自分でFコードが押さえられなくて悩んでいた過去があり、それを自分なりに勉強したり工夫することで悩みを解決してきた経験と知識がある方が、当然「有益な情報発信」ができます。

自分に知識も経験も無い「ギターの弾き方」というジャンルで「有益な情報を書こう」と意気込んでも、現実的ではありません。せいぜい「既にインターネット上や本で公開されている内容を自分なりの言葉で説明し直す」という程度のことしかできません。

それでもなんとか情報コンテンツとしては成立すると思いますが、一番のデメリットは「どこかのサイトを自分の言葉で説明し直そう」「本の内容を自分の言葉で説明し直そう」という同じ考えで取り組んでいる人も多いので、やっていることがライバルと丸被りしてしまうことです。

それなりでしかない質の記事ばかりの、同じようなブログやサイトがインターネット上に量産されてしまっている、、、そんな今のインターネットのような状況が生まれてしまうわけです。

自分に知識や経験があるほど「他人には書けないクオリティの情報」を掲載できます。少なくとも「他人には書けない情報コンテンツ」を作ることができます。

「どういう市場に参入したいか」「こういう市場がおすすめと◯◯さんが言っていた」というような話は横に置いておいて、「自分に知識や経験のある市場」でアフィリエイトを行うことを選択肢に入れてみてください。


参入する市場を決めて「売れていそうなアフィリエイトサイト」を参考にする


「自分がこの市場やジャンルなら人よりも詳しく書ける」と思えるものがあれば、その市場やジャンルに限定して「売れているであろうアフィリエイトサイト」をいくつかピックアップしてみてください。

どうやって売れていそうなアフィリエイトサイトを見つければ良いか?という点がちょっと悩むかもしれませんが、自分がその市場に詳しければ詳しいほど「売れていそうなサイト」というのは感覚的にわかるはずです。

むしろ、自分がその市場やジャンルに詳しければ詳しいほど「あ、あのサイトかな、、、?」と今頭に浮かぶサイトがあるのではないかと思います。思

「感覚的にわかる」というのが実はポイントで、よくこういった「◯◯を判断できるチェックポイント」といったノウハウがあったりもしますが、それは判断基準のひとつであって、その市場における経験や知識が多ければ多いほど、その感覚的な「売れていそう」という感覚は大事にするべきです。

もちろん「売れていそうなサイト」と「良い情報を発信していると思うサイト」が違う、と感じることもあると思います。その場合には、どちらもピックアップしてみてください。

そうやって「売れていそうなサイト」をいくつかピックアップすれば、そのサイト構成、ページ構成、上位表示を狙っているキーワード、ターゲット、キャッシュポイントなどを参考に、単純にそれらのサイトよりも良いサイトを作れば良い、というだけです。

サイトタイトル、記事タイトル、本文を見れば、サイトがどんなキーワードを狙っているのかがわかります。またひとつひとつの記事を読んでいれば、どんな悩みを持っているターゲットを想定して書いている記事かもわかります。

そういったリサーチやサイト分析を行って「それらのサイトのターゲットの悩みを解決できる、有益な情報を詰め込んだ一番良いサイト」を自分なりに作っていけば良いということです。


こんなシンプルな方法で本当に稼げるのか?


自分が悩み、その悩みを解決するために勉強をして、頭を使って解決することができたジャンルであれば、本やサイトの情報を引っ張って情報をまとめただけのサイトに比べて「格段に良い情報」を発信できます。

自分が悩んでいるときを思い出し、その悩みに有益だった考え方、知識などがあり、そのおかげで自分の悩みが解決したのであれば、その知識や考え方を知ることで「問題解決につながるユーザー」は間違いなくいる、と考えて大丈夫です。

あなたの情報によって問題解決(悩みの解決)に一歩近づいた、と感じたユーザーがいれば、きっとあなたの情報をもっと知りたい、という感情になってもらえるはずですし、その延長線上に間違い無く「この人が良い、と言っている商品ならちょっと興味あるな、、、」と思ってもらえるようになります。

また、SEO的な話をすれば、Googleは新しいサイトが好きです。スタバでも新しい商品が出たらこぞって皆が買い行きますよね?書店に言っても、最新刊がずらっと並んでいますよね?人間には「新しモノ好き」という心理があるからです。

Googleの検索エンジンはそういった人間心理を反映していると考えられるので、質が高く、新しく作成したサイトであれば、あなたが参考にした「売れていそうなアフィリエイトサイト」よりも上位にくるようになります。

このノウハウのポイントは、参考にするサイトの製作者に比べて「あなたの方がその市場やジャンルに詳しくなければ意味がない」という点です。

自分より詳しい人のサイトを参考にしようとしても、おそらくただの劣化版にしかなりません。その人のサイトよりも説明がわかりやすく、問題解決(悩みの解決)につながるような有益な情報が詰まっていれば、そのサイトよりも稼げるアフィリエイトサイトが完成する、ということです。


まだ自分に「強み」がないなら?


今回紹介した方法は、今すぐに始めてすぐに稼げるアフィリエイトの方法ではありません。もしかすると「自分には何も無いから自分には実践できないことだ、もっと別のアフィリエイトノウハウはないか?」と思われてしまったかもしれません。

しかし、その思考になってしまいそうであれば一度踏みとどまって考えてみて欲しいと思います。もしかすると、自分の「強み」を今から作った方が結果的に早いかもしれません。「強み」なんてものは今からでも作れるからです。

ナイチンゲールは「1日1時間の勉強を1年間続ければ、世界でも指折りの専門家になれる」という言葉があります。

競合の多いフィールドでは上には上がいますから、シンプルに今回説明したアフィリエイト戦略をそのまま実行することは難しいかもしれません。しかし、しっかりと探せば「この分野なら自分が一番のサイトを作れる」と思えるような、ライバルがあまりいないところ、また自分に興味の持てるジャンルや市場がきっとあるはずです。

今、色々なアフィリエイトノウハウを実践してうまくいっていない、挫折してばかりいる、というのであれば、「自分に強みを作る」という方向性で取り組んでみてください。

「強み」が何も無い人の発信する情報はどうしても薄いコンテンツになってしまいます。逆に言えば、大半の人が興味さえも持っていないような「ある特定の専門知識」をいくつか持っているだけで、多くのライバルと違いを作ることもできます。

自分の「強み」を作らず、アフィリエイトのノウハウだけを追求しているだけではライバルに埋もれてしまう可能性が高くなってしまう理由はそこにあります。

ちなみに「こんな市場やジャンルで稼げるの?」という不安を感じることもあるかもしれません。

しかし、もし仮にアフィリエイトで稼げなくても、そのジャンルや市場において有益な情報を発信することさえできれば、あとでマネタイズ(お金を生み出すこと)はそのメディアを使っていくらでも方法やノウハウがあります。

たとえアフィリエイトで稼げなくても、専門性の高いジャンルや市場で良いサイトが作れたら、是非僕に連絡をください(笑)マネタイズの仕方をお教えします。

ではでは、上には上がいる「競合の多いジャンル」ではどういう戦略を取るべきでしょうか?次回はそんなテーマで書いていきたいと思います。


bannersap