「どこまで言ってもビジネスは見切り発車のため、どこかで準備をやめて思い切りよく始めなければいけない」ビジネス書を読んでいると、そんな説明がされていることがよくあります。

確かに、どこまで準備をしてもビジネスは「必ず成功する」と言えるまで準備ができることはあり得ません。以前にも少しお話したように、たとえばライバルの参入など、自分がコントロールできる内的な要因以外にも、外的な要因が自分のビジネスに影響することも多くあるからです。要するに、不測の事態が起こるのがビジネスですから。

しかし、私はそれでも「見切り発車でビジネスを始める」という考え方は鵜呑みにすべきでは無いと考えています。

少なくとも、自分で「○○が□□になったら失敗してしまう」というように、そのビジネスがうまくいかないことが自分が客観的に見ても想定できる段階では、そのビジネスをまだまだ始めるべきではありません。

そのビジネスを始める当事者である自分でさえも「うまくいくかわからない」と、自信を持てないにも関わらず、そんなビジネスがうまくいくでしょうか?

それは「見切り発車」ではなく、単なる「準備不足」です。

私はこれまで、自分で「これならいけるんじゃないか」と自分なりの確信が持てるまでは事業に取り掛かったことはありません。

自分で確信が持てるビジネスプランが立てられた場合でさえ、自分のコントロールできる範囲外の外的要因、あるいは自分が見えていなかった問題(不測の事態)が起こることで100%うまくいくとは限らないのがビジネスです。

当事者の自分さえも「うまくいく気がしない」というビジネスが極端に成功確率は下がることは言うまでもありません。

少なくとも自分が「これならいけるんじゃないか」というビジネスであれば、いわゆるモチベーションも高いままにキープして取り組み続けられます。

それでもうまくいかないこともあるとは言っても、そうやって始めたいくつかのビジネスがどれか当たればいい。それくらいの期待で取り組む姿勢こそがビジネスにおける「正しい姿勢」だと考えています。

自分なりに確信が持てるまで準備したビジネスが失敗しても、それが経験値となって、次の「新しいビジネスの準備」の成功確率も格段に上がっていくものだと思うからです。

アフィリエイトの準備はどこまでするべき?


アフィリエイトも同じです。

「どれだけ準備をしてから取り組み始めればいいですか?」とった、準備と実践の境界線についてはビジネスの永遠のテーマのひとつだと思いますが、私は私なりに「これならいけるという確信」が持てるまでは準備をするようにしています。「こういうアフィリエイトサイトを作れば稼げるんじゃないか」というイメージが頭の中で確信を持ってできなければ、行動に移すことはありません。

世の中のアフィリエイターのほとんどに言えると思いますが、ビジネスに対する「準備」の認識が甘すぎると思います。

自分では確信を持っていてたとしても、自分の見えていない不測の事態や自分のコントロールできない外的要因によって失敗する可能性もゼロでは無い状態。これこそがビジネスにおける「正しい見切り発車の状態」だと考えています。