今回はYouTubeビジネスについて少し私の考え方を書いていきたいと思います。

YouTuberは簡単に稼げる?

最近、YouTuberという職業(?)が人気のようで、YouTubeを見ていると”YouTuber”の動画が目に付きます。

私自身は娯楽でYouTube動画を観ることはあまり無いのですが、それでも本当に「どんだけYouTuberおるねん!」と突っ込まざるを得ないほどに、動画が大量にアップロードされています。

そして正直なところ、ほぼ全部の動画が「これで稼ぐのは無理だろう・・・」という動画ばかりです。

稼げていないYouTuberのことを”底辺YouTuber”と言うようですが、本当に動画を観る限り”底辺”ですよね(苦笑)

そこで、「なぜ底辺YouTuberは稼げないのか?」という話をテーマに今日はお伝えしていきたいと思うのですが、本当に”勘違い”をしている人が多すぎると私は考えています。

底辺YouTuberが稼げない理由


まず、YouTuberが職業として成り立つためには、”人気動画”を大量に作ることができる実力があることが前提です。

言葉にしてみれば”当たり前”だとは思うのですが、”底辺YouTuber”は全くこれが分かっていないのではないでしょうか。

なぜなら、HIKAKINなどのYouTuberが”面白いこと”をして人気動画を作っているのに対し、その”面白いことをする”という、表面的な部分だけを真似しているYouTuberが多すぎると思うわけです。

たとえば、HIKAKINが新しいお菓子のレビューを動画でしていたら自分もやってみる。

HIKAKINが自宅紹介をしていたら、自分も自宅紹介をしてみる。

・・・・・。

いやいや、こんなやり方では絶対に”人気動画”を作ることは難しいんじゃないでしょうか・・・

理由を説明するまでも無く、HIKAKINの”圧倒的劣化版”を作って何になるというのでしょうか?

そもそも、HIKAKINのYouTubeチャンネルはビートボックスが上手いという”軸”があってこそ成り立っているチャンネルです。

おそらく、ビートボックスの技術が無ければHIKAKINもYouTuberにはなっていなかったでしょう。

HIKAKINは、「人気動画を作ってアップロードしたい」という目的意識があるからこそ、YouTubeユーザーが「面白い」と感じる動画を作ることができているわけです。

その試行錯誤の上に作られている動画なのですから、人気動画を作ることができるのです。

”面白い動画”は稼げるのか?

また底辺YouTuberは、HIKAKINなどのYouTuberを見て、「こんな”遊びのような動画”をアップロードし続けるだけで稼げるなら、きっと俺にもできるぞ!」と思うからこそ、YouTuberを目指すのだと思います。

しかし、現実的に考えると”面白い動画”って一番作ることが難しいと私はいつも思います。

面白い動画というか、”笑える動画”と言いますか・・・。

全く面白く無いお笑い芸人を見ていて「寒い」と感じるように、YouTuberを見ていると私は寒気がします。(苦笑)

結局、”多くの人が笑える動画”を作ることは、本当に難しいと思います。

そういう動画を作ることができるなら、わざわざYouTuberにならなくても、お笑い芸人になれば良いと思いますし・・・

底辺YouTuberは「笑える動画」を作ろうとしすぎているからこそ、失敗している人が多いのではないかと思います。

それよりも、たとえば”役に立つ動画”を作る方が圧倒的に簡単です。

自分の得意なジャンルの知識をわかりやすく教えたり、スキルを教えたりすれば断然そっちの方が”再生回数”も伸びると思います。

「楽そうだから」「俺にもできそうだから」と思って”笑える動画”を作ろうとするのはやめた方が良いと思います。

それこそ、そういう動画にはセンスや才能が必要な動画だと思います。

知識を仕入れれば誰でも作れる”役に立つ動画”の方が作ることも難しくないと思いますし、圧倒的に稼げると私は思います。

YouTubeノウハウの原点

これからYouTubeビジネスに取り組んでみたい、ということであれば以下の教材をおすすめしています。

返金保証も付いていますので、興味があれば「まず試しにやってみる」という気持ちで取り組んでみてはいかがでしょうか。

>YouTubeビジネス推奨ノウハウ

特典として、Googleの基本理念に沿った「今後も長期的に稼いでいくためのYouTubeノウハウ」もお渡ししていますので、今YouTubeビジネスに取り組んでいる方も参考にしてみてください。